モテる冬服コーデの秘訣!アクセントになる小物を使って好感度をあげる

 

 

 

モテる冬服コーデの秘訣!アクセントになる小物を使って好感度をあげる

 

冬服って、厚みがあって、グレーやネイビー、カーキやブラックといった重みのあるカラーの洋服、コートが多いですよね。女性は白いコートで華やかなコーデをしている方も見かけますが、男性は暗めで重たい恰好という印象を受ける方が多いように思えます。そんな重たい冬服でも、小物のカラーを意識していたり、どこかワンポイントにアクセントのあるカラーを入れている男性を見ると、恰好よくてモテそうと思います。例えば、ジャケットから見えるチーフとマフラーのカラーを合わせているダンディな方。ハットとバッグのカラーをそろえるのも統一感があって素敵ですね。モテる冬服コーデでカラーをそろえると言っても、安そうな黒い冬靴に黒い手袋なんて組み合わせは、間に合わせで用意した印象を受けるので、あまりモテなさそうな服装に見えますね。

 

モテる冬服コーデって見え方やデザインにこだわって、カラーを合わせていると意識させるようなコーデをすることがポイントだと思います。ベージュなどの明るい色のニット帽をかぶったり、バッグをビビッドカラーにするといったカラー使いもおすすめですね。暗くなりがちなコーデにアクセントが加わって、全体的に垢ぬけている印象を与えてくれます。ニット帽やマフラーなどの小物は、冬服に合わせやすいだけでなく、防寒も兼ねていますから、取り入れやすいですね。注意すべきは、カラーを入れすぎないことです。目にとまりやすいビビッドカラーをあちこちに入れては、ただ派手でダサい人に見えてしまいます。モテる冬服コーデで目立つカラーは、一か所だけにしたり、複数の小物を取り入れたいなら同系色にするなど、全体のバランスを見て整えることが大切です。冬らしいグレーやブラックなどの落ち着いたカラーの中に、ぱっと目にとまる明るいベージュのマフラーなど、重たくなりすぎずアクセントカラーを取り入れている男性が、とても素敵だなと思います。

 

モテ率アップ確実なキレイ目着こなし全身コーデをみる